放課後等デイサービスは、6歳から18歳の障害の児童を対象として、
放課後や夏休み等長期休業日に生活能力向上のための訓練および社会との交流促進等を継続的に支援する福祉サービスです。

一ヶ月の利用日数は保護者と施設、相談支援事業所が相談した上で自治体が決定します。利用が決定すると「障害福祉サービス受給者証」が発行されます。

利用に際して療育手帳や身体障害者手帳は必須ではないため、診断を受けていない児童も利用しやすい利点があります。

月額の利用料は行政から費用補助を受けながら利用することができるため、1割程度が自己負担で、利用できます(所得により上限があり、自治体独自の補助を設けている場合もあります)

市役所への申請
自治体が発行する「障害福祉サービス受給者証(以下、受給者証)」が必要になります。
自治体の窓口で、放課後等デイサービスの利用申請をします。

利用計画書の作成
相談支援事業所で、障害児支援利用計画書(以下、利用計画書)を作成します。

利用計画書の確認
自治体で利用計画書が受理されると、関係者会議を開催します。
保護者、施設、相談支援事業所、自治体スタッフなどで、
利用計画書を確認します。

受給者証の取得
自治体から放課後等デイサービスの利用を認める受給者証が届きます。

利用開始
放課後等デイサービスと契約し、利用を開始します。
Qキャンプでは、利用開始時の「できること、できないこと」を把握するため、簡単な評価テスト実施しています。
利用開始後も、半年ごとに利用計画を見直します。

見学・体験を受付中です。お気軽にお問い合わせください。022-346-9510受付時間 10:30-19:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ